レッツ健康美実現|酵素ドリンクやグリーンスムージーの口コミ参考

女性

青汁によく使われる物

栄養たっぷりで飲みやすい

シェイク

青汁といえば今や健康飲料の定番としてすっかりおなじみですが、一口に青汁といってもその青さのもと、すなわち原料にはいくつかの種類があり、効能もそれぞれ異なります。そんな中、特にアンチエイジングに良いと言われているのが大麦若葉です。 大麦若葉とはそういう名前の植物があるわけではなく、大麦の若い葉という意味です。麦茶の原料などとして知られている大麦の、穂が出る前のまだ青い葉っぱを原料にしたのが大麦若葉です。 現在、大麦若葉の青汁はいろいろな食品メーカーから発売されています。中には特定保健用食品、いわゆるトクホに認定されているものもあります。味は他の青汁に比べるとクセがなく、子供などでも飲みやすいと言われています。

優れた抗酸化作用

大麦若葉に含まれる栄養成分の中でも代表的なものが、SOD酵素です。 SOD酵素は、非常に優れた抗酸化作用を持つことで知られています。細胞を活性酸素の攻撃から守り、組織の老化や弱体化を防ぎます。この働きにより、体内にあっては動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を予防する効果が期待できる一方、お肌にあってはメラニンの増殖を抑えたりターンオーバーを活性化したりすることでシミやくすみなどの各種トラブルの改善に役立つとされています。 また、カルシウムや亜鉛などのミネラル類、ビタミンA・Cなどのビタミン類、食物繊維なども豊富に含まれています。 大麦若葉は自然由来の製品であるため、特に副作用の心配はありません。ただ製品によってはカフェインを含むものがあるので、カフェイン摂取に注意したい人は含有量に気をつける必要があります。